メタボリック症候群を予防する食事

近年では、メタボリック症候群の注目度が高まっていますが、食べ物での予防策は一体何があものなのでしょう。メタボリック症候群を予防するためには3~6か月で体重の5%を減量することが必要です。

1日の活動で消費するエネルギーを、食事で補給するエネルギーより少なくしていきます。食事の分量を減らす時に注意したい点として、栄養バランスは整えておくことがあります。

間食はしないで、内臓脂肪を蓄積しないようにします。メタボリック症候群は、中等度の肥満と、軽度の肥満の人が特に要注意です。1日で摂取する食事の分量を、1200kcal〜1800kcalになるように意識しましょう。食事の量はあまり減らしすぎずに、ゆっくりと体重を落としていくことです。

その変わり、積極的に体を動かすことを習慣づけます。メタボリック症候群を予防するために食事量を減らすときに注意したいのはバランスよく栄養を摂り必要な栄養素が不足しないようにすることです。

献立づくりの参考に、食事バランスガイドなどが役に立ちます。肥満の温床となる食習慣があるなら、早めに撲滅しておくべきです。

食事は無闇に減らすのではなく、朝も含めてきちんと食事をすることによって、メタボリック症候群予防になる人もいます。多少時間をかけて、じっくりと食事をよく噛んで食べると、腹八分目でもお腹いっぱい気分です。

メタボリック症候群の予防するためには、寝る3時間前になったら、食事も減らし、酒も飲まないようにすることです。

メタボリック症候群を予防する運動

食事の内容を改善することも大事ですが、運動の習慣づけもメタボリック症候群の予防になります。日常生活の中で積極的に体を動かす、軽めの運動を続ける、筋肉を鍛える運動を取り入れるという3つを行うことが大切です。

メタボリック症候群の予防の基本は、1日で消費するエネルギーを多くして、新陳代謝の高い体になってエネルギーを積極的に燃やすことです。普段の生活の中でも、運動の機会を増やしていくことが効果があります。

日々の生活の積み重ねが、内臓脂肪の燃焼につながります。階段を使って上階への移動をする、車や交通機関はできるだけ利用せずに歩く、ちょっとした動作も機敏に、素早く行うなどです。

日々の運動量を意識して増やすようにしましょう。サイクリング、水泳、ウォーキングなど、呼吸をしながら続けることができる軽い運動が、メタボリック症候群の予防になります。

体にたまった脂肪を減らすには息が切れるような激しい運動は向いていません。十分に呼吸ができるややきつい程度の運動である有酸素運動がおすすめです。

体を積極的に動かすことで、消費エネルギーを増やし、新陳代謝を促進する作用が着たいできます。痩身効果が出やすく、リバウンドしづらい体質になるためには、基礎代謝を上げることです。

筋肉トレーニングによって筋肉を多くすることで、代謝の高い体質になれます。毎日運動を続けていると運動することが当たり前になり、メタボリック症候群の予防になります。

メタボリック症候群を予防するメンタルヘルス

体を動かす習慣を持つこと、食事の改善をすることが、メタボリック症候群の予防になります。ストレスや精神疲労をためないことも大切です。過剰なストレスは食欲を増したり、肥満の原因になったり、高血圧や糖尿病の原因にもなります。

メタボリック症候群の予防のためにも、ストレス要因を取り除き、快適で健康的な生活を送るようにすることです。内臓脂肪が多くなる背景には、ストレスがあるといいます。

メタボリック症候群と、ストレスは、微妙に関わっているのです。やけ酒や、やけ食いという言い回しがありますが、ストレスがたまると無性にお酒が飲みたくなったり、暴食をしたくなることがあります。

食欲中枢は、ストレスで分泌量が増すホルモンの働きに関わっていますので、食欲が増える理由になるという形になります。

ストレスがたまるような忙しい生活は食事時間の不規則、早食い、夜食などのメタボリック症候群になりやすい食習慣を伴うものです。ストレスが蓄積されると、眠りづらくなります。

ぐっすり眠れない生活を送っていると、食欲が高まるホルモンが多くなって、たくさん食べるようになります。メタボリック症候群は、室のいい睡眠によって予防が可能ですので、生活を一度見直してみましょう。

毎日の生活の中でメタボリック症候群の予防を行うためには、ぐっすり眠れるようにすること、ストレスはためないこと、健康的な食事をすることです。

リンク集